展示会

掲載日:2020/08/31

スマートファクトリーJapan2020 ONLINE

日 時: 2020年10月14日(水)~11月13日(金)
場 所: オンライン展示会によるバーチャルブース
主 催: 日刊工業新聞社
※本展示会はオンライン上での展示会になります。来場には登録が必要です。(展示会公式サイトにて9月中旬より事前登録開始予定)

出展内容

バーチャルブース内では製品紹介のパネルをご覧いただける他、製品紹介動画へのリンクやカタログ等をダウンロードすることができます。

 

主な出展予定製品

電子ラベル ESL

無線通信でリアルタイムに表示を更新できる電子表示器です。表示部には視認性の高いE-link社の電子ペーパーを採用し、白/黒/赤(あるいは黄)の最大3色で文字や画像の表示が可能です。LEDやボタンを搭載したモデルもあり、LED点灯による注意喚起やボタン押下による表示の切り替えにも対応しています。 紹介ページはこちら

RFIDソリューション

モバイル端末を装着して使用することができるRFIDリーダ RFD2000RFR900 を始め、用途や環境に合わせた各種RFIDリーダやRFIDタグをご紹介します。また、RFIDを用いたソリューションとして、工具の持出管理システムをご紹介します。

クラウド型倉庫管理システム LFS.wms New!

倉庫内のすべてのプロセスとマテリアルフローをアクティブに制御することができるクラウド型の倉庫管理システム(WMS)です。ロジスティクスワークフローを柔軟かつ簡単にカスタマイズできるため、様々な業種や業務に対応可能です。また、クラウド型なのでサーバ設定やデータベース設定も必要なく、短期間で導入することができます。 紹介ページはこちら

音声ピッキングシステム 「POT Voice」

音声登録がいらない不特定話者方式の音声ピッキングシステムです。ハンズフリーとアイズフリーにより、リストピッキングやバーコードピッキングに比べ作業効率を10%以上改善できます。 紹介ページはこちら

帳票電子化システム XC-Gate

XC-Gateは、Microsoft Excelで作成した帳票をWeb画面の電子帳票に変換するシステムです。現場でのデータ入力に適したタブレット端末等を利用することで、製造現場のデータ収集、報告書作成、建設・設備現場での点検業務など、様々な用途で作業効率化やペーパーレス化を実現することができます。 紹介ページはこちら

バーコードスキャナソフトウェア Scandit New!

スマートフォンやタブレットでバーコードやOCRフォントの読取を可能にするソフトウェアです。iOS、Android、Windows OSに対応し、多くのデバイスをサポートしています。バーコードの連続 / 一括読取や拡張現実(AR)を利用した視覚情報の表示など、高度な機能にも対応し、専用のバーコードスキャナ以上の体験を提供します。 紹介ページはこちら Scandit Barcode Scanner / Scandit AR

 

※出展内容は変更になる場合があります。