バーコード認証ソリューション

バーコードの特長は、プリンタで簡単に印刷できることですが、一度印刷すること変更することはできません。ところが、イーバーコードでは、携帯電話やPDAのディスプレイにバーコードを表示しますので、リライタブルなバーコードメディアとして利用することができます。将来、ペーパーディスプレイの時代がくれば、Webリンクサーバからアプリケーションサーバに接続し、バーコードメニューをダウンロードして表示し、次に、再びそのバーコードを読んで、商品を注文すると言うようなことが可能になります。

携帯電話は、一人一台持つようになり、殆ど他人に貸すことはありません。また、風呂に入る以外は携帯していますので、個人を認証するためのツールとして利用することができます。最近は、ポイントカードを数十枚持っている人もいると思います。ポイントカードは、お客様の囲い込みに有効であるため、店としては積極的に導入したいところであり、値引きしてもらえるのでユーザにとってもメリットがありますが、沢山のカードを携帯しなければならないことが問題です。そこで、常に持っている携帯電話にポイントカードの代わりをさせると大変便利になります。ユーザは、サービス提供しているサイトに接続して認証バーコードを配信してもらい、そのバーコードを携帯電話に表示させ、レジで読み取ってもらいます。携帯電話は、電話番号という固有のIDを持っていますので、認証サイトに接続すれば、その電話番号からその人の認証バーコードを作成することができます。

認証バーコードを固有のバーコードにせずに、クーポン券として同じバーコードを複数の人に配信することもできます。この場合、バーコードは、値引率や値引商品を特定するコードにします。

e_bar03